上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DCP_5831.jpg

昨年は一番お世話になった場所へ行くと雪の上に
小さな足跡が残っています。
   DCP_5832.jpg
画像だけ見ると雪解けの頃と見まがうような小春日和の良い天気DCP_5836.jpg

それでもやはり気温は低く川の水は石も凍らせています。
  DCP_5837.jpg

   DCP_5838.jpg

渓流脇の石の上に供物と塩をお供えし
お礼を祈り車へ戻る途中に空を見上げれば雲ひとつないいい天気
   DCP_5840.jpg

雪原に小さな足跡と並んで歩く自分の足跡に
DCP_5841.jpg

人も自然と共に歩けないものかと思案しながら歩いていると
    DCP_5842.jpg
木の根元へ続く大き目の足跡も見つけ、ますますその想いを強く
しながら、次のお礼参りの場所へと向かいました。
最後にいった場所もやはり途中までしか行けず
DCP_5844.jpg

林道の日当たりの良い場所でお供えしてお礼の祈りを捧げました。

ここは3年前の夏、行き詰ったおれに
生きる力を与えてくれた山です。

猫次郎氏紫親父しほと出会えたのも
あの夏のこの山のお陰だと今でも思っています。

ただただひたすら感謝感謝
ありがとうございます
本年もよろしくお願いいたします

追記
ここでも林道の途中で引き返すとき
タイヤが谷側の方の雪にはまり
もう少しで車がずり落ちそうになりました。
ここは山の中腹で木も沢山あるので転げ落ちる事は
ありませんが、それでも引き上げるには他の車を
呼ばないと無理でしょう。
くれぐれも冬の林道にはご注意下さいませ。






Secret

TrackBackURL
→http://kojizou.blog25.fc2.com/tb.php/99-121706c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。