上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背景も桜のまま暦は既に6月も半ばとなっていた
巷では仕事がないと聞くのだが、おかげさまで忙しさは相変わらず日曜も仕事・・・
が当たり前になっている

しかしながら一時期の死んぢまいそうな疲労からは解放された
それと言うのもリフォームの現場がひとまず一段落した為
(まだやらなきゃいけない事はあるのだが・・・
いくらか時間的にも余裕が出来た事と、
ここ数年、少しだけがんばってきた自分に神様が与えてくださった
と思えるようなご褒美のおかげだ

とは言え一週間前の日曜日など連日の激務と寝不足から疲労困憊で
加えて朝からイラッとするような事柄の連続に
正直かなりブチギレていた

そんな気持ちは当然のことながら無理やり押さえ込まねばならず、
そのストレスは凝りというか張りみたいなものとなって
頭から首の辺りをパンパンに覆っていた
疲労もピークを過ぎて慢性的な疲れが身体のあちこちから溢れ出していた

明けて月曜日、相変わらず頭と肩の張りはそのままに
あちこち飛び回らねばならずかなりつらい状況になっていた。
夕方、西の山の麓へいく用事があり、用が済んだ後、
『そうだご無沙汰してる天狗の森へ行こう
と思いそのまま大急ぎで車を走らせほんとに久しぶりに天狗の森を訪れた・・・
DSC03622-1.jpg
        途中、前方の夕暮れ空を見ると龍というか犬というか、
        とにかくそんな感じの雲がご無沙汰していたおれを
        出迎えてくれているようで何だか嬉しかった・・・     
        DSC03612-1.jpg
季節によって景色は変わるけれど、同じ季節に訪れれば、
いつでも殆ど変わらぬ情景がある
DSC03624-1.jpg
DSC03625-1.jpg
汗と埃で汚れたTシャツ傍らの石の上へ脱ぎ捨て
澄んだ冷たい流れを掌ですくい頭や首の後ろを洗うとめちゃめちゃ気持ちいい
DSC03628-1.jpg
ほんとに不思議な事にすぅーっと頭と肩の張りと凝りが冷たい水滴と共に流れ落ちていく
この数ヶ月の溜まっていた穢れの禊をしたようだ。
急に身体が軽くなって力がみなぎってきた

頭や身体をタオルで拭き長袖シャツに着替え身支度を整え腰道具を着け
上流へ歩き出すと不思議と足取りは軽く、石の上を飛びながら、
たちまち階段石までたどり着いた
DSC03637-1.jpg

長靴ではなっかったので川岸の林の中を通ったのだが、
いつになくすいすいと足を運ぶ事が出来た
不思議な事に先程までの泥のような疲れがどこかへ吹き飛んでいた。
DSC03642-1.jpg
きっと天狗さまが久しぶりに訪れたのに疲れきっておれを見て力を分け与えてくれたに違いない
ありがたやありがたや
Secret

TrackBackURL
→http://kojizou.blog25.fc2.com/tb.php/523-a26784c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。