2008.04.09 脱出!!
昨日は時間が空いたので、ほんとに久しぶりに林道というかそこいらの山へ散策に出かけた。
昼前に戻るつもりでいたので珍しく食い物も飲み物も持っていかなかった。

おとといの晩から降っていた雨は止んでいたが、標高の高いところでは雪だったらしい。
DSC00813-1.jpg

いつもの通り特に目的もなく、あちこち見てみたが、落ち葉に包まれた枯れ色の山肌は
あまり春めいたとは言えなかった。

昼近くなり腹も減ったし、喉も渇いたんでちょっと近道しようと
いつもは通らない雑木林の坂道を下ろうとしたが、
少しばかり道幅も狭く、おまけにだいぶ傾斜が付いている。

一旦車を降りて、坂ノ下の道の所まで様子を見に歩いて下る。
微妙な感じだったけど今更戻るのも嫌だし『まぁ、行ってみるべ』
坂を下りだして数メートル、木の根の張り出したかなり傾斜のきついところへ差し掛かると・・・
『あっ!!ヤッ、ヤバス!!
DSC00816-1.jpg

二、三回アクセルを踏み込んであがいてみたものの、余計に車体は傾いてくる。
車を降りて見ると右後輪が滑り路肩が崩れ土手へ半分ほど埋まりながらせり出している。
後悔と己のばかさ加減と色んな想いが頭の中を駆け巡り、嫌な汗が出てきた。
『落ち着け!落ち着け!』と自分に激しく言い聞かせ、
ない知恵絞ってとにかく対策を考える。
携帯で誰か呼んで引っ張ってもらうか?と言っても道が道だけに
バック・ホーでも持ってこないと無理。
色々考えたが、とにかく滑って半分路肩から出ている右後輪をジャッキで上げ、
下に何か『かいもの』をして車体を水平にして脱出しよう

後ろに積んでる荷物を降ろし、いくらか車体を軽くして、
小さいスコップ(でかいのは来る時降ろしてしまった
それから大バール、小バール、いつも積んでいるバタ角と
それからそこいらに落ちていた平たい20cm×30cm位の石
(この石のおかげで助かりました感謝!感謝!)なんかで、
なるべく車体が水平になるように右後輪を上げていく。

1mほど進みまたはまり・・・そのたびにジャッキで上げかいものをしてを繰り返し
6回目にようやく脱出に成功!既に2時をまわっていた。
腹は減るし、喉はカラカラ。ふぅ~、あほだぁ
DSC00818-1_20080409102945.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://kojizou.blog25.fc2.com/tb.php/463-a9e5f901