上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやぁ~、ひと月ぶりの更新でございます
ご無沙汰しておりやした
10月は何かとバタバタしておりまして・・・・
今を去ること約2週間前、先月の26日に空模様も手伝って
ひょこっと仕事が空いたので(空けた?
『そういやぁ、最近この手の写真も撮ってないし、紅葉の様子も気にかかるし・・・
ブログも更新してねぇし・・・』
DSC09170-1.jpg

              と言うわけで所用もあり近場と言う事で
              駒ヶ根方面へと向かったのでございます。
              DSC09183-1.jpg

紅葉はもう少しかな?と言う感じでございましたし、
あいにくの空模様で駒ヶ岳も雲に隠れてましたが
DSC09201-1.jpg

それなりに美しかったりもするわけで、こんな写真を撮ってお茶を濁しておりました。
DSC09205-1.jpg

             とは言うものの、この日をさかのぼる事約2週間前、
             土曜日の午後に小黒川の上流へも様子見に行って参りまして
             DSC09026-1.jpg

DSC09013-1.jpg

                       DSC09057-1.jpg

DSC09070-1.jpg

その時はほんとにまだまだと言う感じでございました。

が、何となく物足りなさも感じてか知らず知らずいつしか車は市内を縦断し
東伊那から分杭峠方面を目指しておりました。
時折、紅く染まった紅葉を愛でながら
DSC09212-1.jpg

行きかう車も無い九十九折の峠道を走り、分杭峠の途中へとたどり着いたわけでございます。
DSC09213-1.jpg

時間は午前11時を少し回った位だったでしょうか?
既に心はあの岩山のある辺りへと飛んでいたのでございます。

『まぁ、今からなら午後の早い時間には戻れるか・・・』
はやる気持ちを抑えながら林道の入り口へ向かうと
名古屋ナンバーのおばちゃん3人が乗った車が入り口のあたりで
地図を見ながら停まっておりました。

ゼロ磁場へでも行くつもりで道を間違ったのかと思い、渓寅号を停め声を掛けると
紅葉を見に三峰川へ来たとの事、それでは『先行するのでお気をつけて』と
おばちゃんたちに声を掛け、見慣れた景色の中へ車を乗り入れると
DSC09216-1.jpg

落石もあったりでいつもどおり少しばかり緊張しつつ久しぶりの再開に心はワクワクはずんでおりました。
程なくダム工事の為削られて脆くなったあたりのあの顔岩へ・・・
DSC09222-1.jpg

              DSC09223-1.jpg


実はこの3日ほど前地元の有志でつくるダム推進派の研修会の様子をケーブルテレビで見て
その前時代的な考え方に非常に腹立たしく思い翌日の新聞に載っていた
『ダム建設は正の遺産を残せる・・・』などという某大学の名誉教授のコメントに怒りを通り越して
滑稽さを覚え『怒ってるんだろうな・・・』などとこの顔岩を見ながら思ったりもしていたわけでございます。
DSC09224-1.jpg


そんなことも考えながら写真を撮っていると
先程のおばちゃんたちが・・・『まだ、奥へいけるの?』
『まだ行けますよ。車止めのゲートがありますからその下の駐車場に停めて歩けば、
もっと綺麗ですよ』
『いやいや、そこまで時間もないし、わたしらこれだけでもお腹いっぱいだわ』

DSC09229-1.jpg

手を付けない自然(厳密にはこの辺りも植林されたりして人手は入っているが)
が一番の資源であり資産であり遺産である事を視察に来た
ダム推進派の四十数名の参加者達はこの景色を見ても気づかなかったんだろうか?
DSC09231-1.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://kojizou.blog25.fc2.com/tb.php/429-79f65a4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。