上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.17 山の神々
昨日も仕事を一緒に仕事しているHideさんとも、
お茶の時間にそんな話もしていたし
今朝方『山の神の日』の事を書いていたし
自分の仕事も少しばかりたまっているし
今日は休みになれば好いのに・・・と思っておりました。

夜中にシトシトと降っていた雨は朝起きると幾分強くなっていて
DSC06760-1.jpg

今日は晴れてお休みとなりました
って雨降ってるのに晴れてと言うのおかしな話ですがぁ
何にせよこれも神々の御計らいでございましょう感謝感謝
これで残っている雪も幾らか融けるでしょう
DSC06761-1.jpg


と言うわけで今朝は久しぶりにのんびりと
ブログの更新などもしておりまふ


そんな事もありまして、よい機会でございますから
『山の神々』について少し書いてみたいと思います。
DSC06536-1.jpg

と言ってもそれ程詳しい・・・と言うか全然詳しくないので
あちこちのサイトへリンクを貼らせていただきます。がぁ・・・
って丸投げかよ!

いつ聞いたのか誰に聞いたのか定かではありませんが
結構前から『山の神』は女神で『醜女(しこめ)』の為
お供えするのは『オコゼ』などの醜い魚がいい・・・。
『山の神の日』には山に入って山仕事や土木作業はしない・・・。
なんて大雑把な事でした。
勿論どんな神様がおわすのか?なんて事は知りませんでした。

昨年11月頃配られた市報なんかの配り物の中に
たまたま『神社本庁』(こんな庁があるのも知らなかったけど・・・)編集の
『むすひ』と言う冊子が入っていて
その中に『大山祇神(オオヤマツミノカミ)』『磐長姫(イワナガヒメ)』
『木花咲耶姫(コノハナノサクヤヒメ)』
など神々の事が書いてありまして
『ほほぉ!そうかそうか』などと読みながら一人悦に入っておりました。

してみると『醜女(しこめ)』の『女神』と言うのは『磐長姫(イワナガヒメ)』の事か?と納得しつつ失礼ながらこの女神様が不憫に思えたのでございます。
『木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)』と言う美しい妹神を見初めた
『瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)』の元へ
妹神の添えとして嫁いだが『醜女(しこめ)』の為送り返されてしまう・・・。
なんだか切ないのでございます

『木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)』が産んだ三人の子供
火照命(ほてりのみこと)・火須勢理命(ほすせりのみこと)
火遠理命(ほをりのみこと,天津日高日子穂穂手見命)の
長男のホデリは海幸彦、三男はホオリは山幸彦だったとは
知らんかったぁ
海幸彦 山幸彦』の物語と言えば小学校の時に
教材だったのか何かの付録についていたのか
とにかくソノシートだかレコードがありまして、
効果音もなく妙に静かな中で如何にもといったやけに通る声と語り口で
台詞を読む役者さんの声を今でも想い出します
って誰か聞いた事ある人いますかぁ?


今回参考にさせていただいたWEB-SIGHT

神々のお名前やプロフィールが判りやすく載ってます
【八百万の神々50音順index】
神話が判りやすく載っています
面白く読ませていただきました
【ひむか神話街道 50の物語集】
Secret

TrackBackURL
→http://kojizou.blog25.fc2.com/tb.php/363-8202f619
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。