上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年が明けてからもう九日目の朝ですはやっ!
一昨日は七草、昨日は成人の日という事でございました

今シーズン初めての土曜日からのまとまったの雪で
世間は水墨画のようになり道路はツルツルしております
DSC06695.jpg

今日は天気が良いので雪もだいぶ融ける事でしょうが、
年が明けてからもブログの方は凍った道路のようにスーッと滑らず
更新は相変わらず滞りがちなのでございます
だははは
DSC06506-1.jpg

のっけから猿の画像で今年は申年じゃねぇぞ!
と突っ込みたくなる方も多々いらっしゃるとは思いますが、
記録的に寒かった2005年の12月とは大違いの
2006年の暮れも差し迫った小春日和の30日、
一昨年同様、山の神々に一年間の感謝の気持ちを捧げに
お礼参りへと出かけました。

東のお山へと向かう途中の昨年合併し伊那市となった旧長谷村の道路脇
でたむろっていた中の愛想の良さそうな一頭を撮影したのでございます。
既に休みに入っている人も多いせいか車の往来も普段にまして少ないため、
さして慌てた風情も見せず、その場で何か食っておりましたが
しばらくすると尻を向けて斜面を登って行ったわけでございます。
DSC06507-1.jpg


更に上流を目指して車を走らせると、
半ば頃にぱらっと舞った程度の雪は殆ど融けて、
道路や周辺の里山にもなく・・・
DSC06508-1.jpg

乾いた冬の空気の向こうには雲も殆どない青空が広がり
柔らかな陽射しを受けた三峰川はきらきら輝いておりました。
DSC06511-1.jpg

林道へ入っても雪はこの程度しかなく
DSC06513-1.jpg

堰堤から落ちる流れも何処となく穏やかな感じでございました。
DSC06512-1.jpg


いつもはそれ程気にも留めない小川ほどの小さな沢も凍り付いてはおりましたが、
見様によっては春先の雪解け時期と見紛うばかりの穏やかな日でございました。
DSC06514-1.jpg

とは言うものの流石にこのくらいの標高ともなれば一日中
陽のあまり当たらない場所では雪も少しばかりのこっているわけで
自ずと運転も慎重になるのであります。
DSC06516-1.jpg

轍の真ん中には沢山の小さい足跡が残っておりました。
DSC06517-1.jpg


しばらくそろそろと林道を走り、いつもながら緊張する
切り通しのあたりで車を止め
DSC06525-1.jpg

いつもより間近に見える神々のおわす山の頂を拝んだのでございました。
DSC06519-1.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://kojizou.blog25.fc2.com/tb.php/358-b79a98c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。