上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨明け後、暑い日が続いております
久しぶりの更新ですが皆様お元気でしょうか?

爽やかな信州といえども日中の炎天下では
この位まで気温は上がります。
DSC03447-1.jpg

              足元のアスファルトもこの位で上も下もあっちいのでございます
              DSC03443-1.jpg

      日陰では10℃近く低いのですが日陰ばかりで仕事するわけにもいかず
      昼をまわる頃には茹で上がって濃い目の色のTシャツやタンクトップだと
      汗が乾いて塩を吹いてます
      DSC03444-1.jpg


そんなわけで昼休みには、ついつい天狗の森へ足が向いてしまうので
ございますよ

この間の豪雨ですっかり流れが変って左側の渓は少しばかり水が
流れている状態になりました。
DSC03328-1.jpg

                渓を成していた流れは
                DSC02179-1.jpg

        カーブのせいか砂や砂利が堆積して入り口をふさぎ
        伏流水でのちょろちょろとした流れに変りました。
        ここが入り口だった処
        DSC03493-1.jpg

              分岐していたあたりも本流部の底の土砂が削り取られ少し深みが出来て、
              こちらは逆にいい感じになりました。
              DSC03492-1.jpg


少し奥の上流部も右側の本流だった方が水が少なく代わりに
紫親父とだべっていたあたりが本流になっています。
前に来た時はここに猿の群れが居たんだす。
DSC03449-1.jpg

腰掛けてだべっていた脇にあって水などかぶりもしなかった
お気に入りの階段石は今や殆ど水に浸かり・・・
DSC03456-1.jpg

          水中のグランドピアノとなって涼やかな旋律を
          奏でています。
          DSC03459-1.jpg

流れの変ったこの場所の、あの時からは想像もつかない豊富な水量で
DSC03460-1.jpg

         腰掛けていた岩も落ち込みの元となり・・・
         DSC03458-1.jpg

       よくぞ!と剥き出しの根っこに感動した樹はいつの間にか
       DSC03359-1.jpg

       流れの真中に、その根っこで踏ん張っています。
       DSC03461-1.jpg

             DSC03465-1.jpg

やべっ、また長くなってきた
とりあえず後半へ続く
橋に変った倒木を途中まで渡ってみました。
DSC03462-1.jpg

      橋の上から見る渓流は澄んで薄いブルーにも見えます。
      水色と言う色が何故水を指す色なのか判る気がします。
      DSC03463-1.jpg

        火曜日の夕方撮った長い間かかって水に削られたのか、
        それとも流れてくる途中で割れたのかも判らない岩も
        DSC03377-1.jpg

水色の泡の中で水を切っていました。
DSC03466-1.jpg

             

火曜日は橋を渡って(橋じゃねぇけど)以前の
本流の様子を見てみました。
DSC03364-1.jpg

                  ふぁいとぉー!   
                  DSC03363-1.jpg

いっぱぁーつ!
DSC03365-1.jpg

対岸に渡り終えて見てみると・・・           
DSC03370-1.jpg

              元の本流は随分おとなしくなっていました。
              DSC03373-1.jpg

    060803_1300~0001.jpg


つうことで結局、二之巻へ続く・・・
Secret

TrackBackURL
→http://kojizou.blog25.fc2.com/tb.php/301-167c4a20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。