上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この時期、うちで(と言うかうちの庭先でですが)仕事なんかしてると、
どうも庭のあちこちが気になって仕方なくなりやす

普通は依頼された方のお宅の庭で考えながら(ははは
あれやこれやと造るんでございますが
今回の仕事は今までと勝手の違う素材を使っている為
家で溶接したりしてる訳でして、なかなか四苦八苦しております

と前置きが長くなりましたが、今朝も庭先で溶接の準備してると
(屋根付きの作業場がないんで庭先でやってますたははは。
雨が降ると仕事が出来ませんとほほ)
白樺の葉のアブラムシが気になっちまいました。
※画像は気持ち悪いんで後半にUPしておきます
 防除方法も詳しく載っているHPもリンクしておきますね。
 って自分で書けよ!

おれの場合、一旦気になりだすと気になったところを
先に弄らないとどうにもこうにも進まない、っつうか進めない、
と言う厄介な性分でございまして
時として朝考えた段取りなんかは瞬時にして吹っ飛ぶわけでございます。

やってる作業を途中でほっぽって先に気になった処を
弄りだすなんてぇのは日常茶飯事なんでございます
頼まれもしないことを現場でやってる分にはお客さんに
『こんなとこまでやってくれてるの!』なんて喜ばれるんですが・・。
たははは
と、また話がそれてますなぁ

つうわけで今朝も結局、アブラムシ退治を始めちまいました

消毒すりゃいいんだろうけど
てんとう虫やクモなんかも死んじゃうし
かといっててんとう虫だけぢゃ、とても食いきれなさそうだし
牛乳薄め液でも作りゃ良いんでしょうが、家の中入るのもめんどっちかったんで
アブラムシが葉裏にワサワサたかってボコボコになってる葉っぱを
片っ端から剪定鋏でパチパチとバケツに落としていきました。
(余計めんどくせぇじゃねぇか
そのうち一枚一枚落とすのも面倒なんでやばそうな枝ごとパチパチと・・・。
上の方を落としてるとアブラムシ?の白い粉々が落ちてきて
ツナギがフケだらけみたいになっちゃいました。
※注・因みにおれはフケ症ではありません。
   

特にひどいのは2本くらいだったので30分ほどで終わりましたが
玄関の方に植えてある白樺にはモミジワタカイガラムシ(だと思う)も
幹にへばりついておりまして、
以前、初めてこいつを見て潰して綿みたいなのがビヨーンと伸びた時には
『こいつらぜってぇ地球外生命体だぁ』なんて思いました。
潰す時はほんとに気持ち悪いのでございます
はぁ、くわばら、くわばら

しかし、こいつら樹液吸うなら吸うで上手にすりゃあいいものを
樹勢を弱らせて立ち枯れさせるまで吸い尽くすなっつうの

って、考えるとまるで人間のようですね
資源を吸い尽くして枯渇したらよそへ行く。

まぁ、虫たちはの行動は、あくまで自然の食物連鎖の
一環でしかないわけですよね。
樹の方も何かしらの意図があって虫たちを
呼び寄せているかも知れないし
(また聞きした話ですけど)

地球上で一番不自然に生きてるのが人類で・・・・。
地球上で唯一生きることで
地球に害をなしているのが人類で・・・・。
(勿論、全ての人類とは言いませんが・・・。)

実のところ、どっかの星から地球を侵略するために送られた
『地球外生命体』は案外人類かもしれませんね

先程書いたように後半に画像とリンク載せておきました。
虫が嫌いな人は見ない方が良いかもね





アブラムシだとも思います。
葉を出したバケツの底に羽の生えたアブラムシが
沢山居ました。(ちょっと爪が伸びてるね切ろう)
DSC00961.jpg

アブラムシについては沢山ありますが
こちらのHPに詳しく載っております。
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/gaichu03.html
http://homepage2.nifty.com/tiba-infrc/tentekinokuji.htm
アブラムシの個別の画像はこちら
http://homepage1.nifty.com/tago-ke2/ABURAMUSHI/AB-MENU.htm

ちょっとボケてしまいましたが
真ん中あたりに居る丸いのが、おそらく
モミジワタカイガラムシでございます
DSC00964.jpg

カイガラムシについてはこちらのHPに詳しく載っております。
昆虫科学館/樹木の害虫「カイガラムシ」
Secret

TrackBackURL
→http://kojizou.blog25.fc2.com/tb.php/230-ed9ffcb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。