上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薄墨桜(ウィキペディアより引用)
淡墨桜(うすずみざくら)とは、岐阜県本巣市(旧・本巣郡根尾村)の淡墨公園にある樹齢1500年以上のエドヒガンザクラの古木である。
淡墨桜は蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になり、淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色にちなむ。樹高16.3m、幹囲目通り9.91m、枝張りは東西26.90m、南北20.20m。樹齢は1500余年と推定され、継体天皇お手植えという伝承がある。
近年では幹の老化が著しく、幹内部にできた空洞も広がりつつあるが、樹木医や地元の人々の手厚い看護によって守られている。作家の宇野千代がその保護を訴えて、活動したこともよく知られる。苗木を分けて、岐阜県や愛知県内あちこちに子孫が植えられている。
日本五大桜または三大巨桜の1つであり、1922年(大正11年)10月12日には国の天然記念物に指定された。毎年の開花の季節には多くの観光客が訪れる。

800px-淡墨桜(cherry-Usuzumizakura)



昨年引越したおいちゃん(嫁の叔父さん)の家の入り口の田んぼの畦(あぜ)には
おいちゃんが生前、薄墨桜を見に行った時、苗を買ってきて植えた一本の桜の樹がありました。


ずっとずっと花が咲かなかったようで昨年、引越してから

『どうせ花も咲かないし、切るか他の場所へ移してしまえば・・・』

なんて言われた事もあり、
なんだか釈然としない悔しい想いに駆られ調べると
種から栽培した苗(実生苗)は六、七年経たないと花は付けないようでした。


でも去年の今頃、四つ、五つの花が咲いているのをおれは見てました。


そして、七年経った今年の春・・・
           枝一杯に沢山の花が咲きました。

CA3I1270.jpg
                
                           CA3I1276.jpg            

                                           CA3I1268.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。