上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜『ネプ大リーグ』を見ていたら、あるコーナーにすんげぇ可愛い動物が出ていた。
いい年こいたおっさんのおれも思わず『うぅ可愛い!、うはっ可愛い!』を連発していた。

『アルパカ』っつうらしい。
さっそく検索して画像なんかも見たけど昨夜のアルパカほど可愛い感じではなかった・・・
が、『アルパカ牧場日記』というブログを拝見したら昨夜のめっさカワユスなアルパカが・・・
こちらの牧場の『サッチャン』というアルパカらしい。

『サッチャン』が特別愛らしいのかと思ったら他のアルパカもむっさかわゆかったのである。
スポンサーサイト
夜半には止んだ雪だったが今シーズンでは
一番の降り方だったようだ。


雪かきの為外へ出ると渓寅やかみさんの車の屋根は帽子でもかぶったかのように
もっこりとうず高くなっていた。
DSC00549-1.jpg

まだ誰も歩いていない庭へ回ると
DSC00550-1.jpg

          いろんなものが雪に埋もれて輪郭もはっきりしなくなっている。
          DSC00553-1.jpg

                    白銀のスケッチブックには影のデッサン・・・
                    DSC00555-1.jpg

輪郭のぼやけた世界がずっと向こうまで続いていた。
DSC00554-1.jpg

                       
午後からまた雪が降ってきた。
日なたの雪はもう融け大地へ滲みこみ、
このところの厳しい冷え込みで地面をコンクリート並みに凍らせていた。

天気予報で午後から降るとは言っていたから覚悟はしていたものの
庭の日陰に融け残った【雪=氷】の上に降り積もるのを結露の窓越しに眺めていたら
『ふぅ~、また雪か・・・ ほんと仕事にならねぇなぁ・・・』
と、思わず独り言を呟いていた。


二羽のカラスはこんな雪の中でも、のんびりと羽つくろいしている。
DSC00530-1.jpg

                 2時間ほどして用事で出かける為に外へ出ると
                 さっきより大きくなった雪の結晶が・・・
                 DSC00536-1.jpg
     
 ふわふわ、ふわふわ、あとから、あとから落ちてくる。
 DSC00538-1.jpg

『雪やこんこ 霰(あられ)やこんこ。降っては降っては ずんずん積る・・・』
ふと子供の頃歌ったメロディが頭の中によみがえった・・・。



さっき測ったら25㎝も積もってるし、まだまだ降ってるし・・・
はぁ~、ほんともう雪イラネっ!
DSC00545-1.jpg

昨夜から降りだした雪は昼ごろ一時小降りになったが、
夕闇が迫る少し前から大きな結晶のまま再び激しく降り出し
DSC00403-1.jpg

    降り積もった雪は高さを更に増している。
    DSC00392-1.jpg

雪の小降りになった合間に雪かきをして殆ど融けていた家の前の道路の雪も
既に薄っすらと積もり、このまま降り続ければ雪かき前と変わらないくらい・・・
いやそれ以上になりそうだ
DSC00396-1.jpg


節分とは各季節の始まりの日の前日だそうで、明日からは春【立春】
とは言うものの、ほんとの春はまだまだもう少し先。
これからもうしばらくは厳しい寒さとの闘い。

おれの場合、何かの占いの影響で立春で本当に年が明ける気がしている。
実際、年が明けたからと言っていきなり前年の流れが断ち切れるわけでもなく、
ひと月ぐらいはやはり何かと引きずっている気がしているわけだ。
ようやく本当の意味で年が明け、新しい流れが訪れるのが2月の初めというのは、
何となく理にかなっている気がして、そんな事を信じているわけだ。

そんなわけで節分の今日、話題の中国産のピーナッツで豆まきしたが、
我が家では二年前から『鬼は外』は言わない。
DSC00386-1.jpg

変わりに今年は『疫病神、貧乏神は外!』 『妖魔よ去れ!』などと勝手な事を叫んでいた。
たははは

    自分も『になる』なんつってこんなの造ってるおれが
    『鬼は外』なんつったら『』達に申し訳ないのである
    DSC00405-1.jpg

    だはははは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。