上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだか梅雨のせいなのか、はたまたご主人様の体調不良のせいなのか
パソコンの調子がいまいち思わしくなく更新も滞りがちでございました。
先週撮った画像だから今はもう少し花も開いているけど
『ひまねぎ』もすっかり大きくなりやした
DSC08169.jpg

       プチトマトも食卓には普通に出てるし
       DSC08171.jpg

              ナスも毎日食しております。
              DSC08172.jpg

かみさんが今年はキュウリの出来がいまいちといってたけど
DSC08175.jpg

それも例年通りかな?
DSC08180.jpg

しかしながらブラックベリーだけは、どうも調子が悪く
一部が立ち枯れなんかしちゃってて
DSC08176.jpg

いつもは窓の外いっぱいに広がって夏場の日除けをしてくれるのに
今年はこんな感じです
DSC08178.jpg

それでも少しずつ実は熟して本格的な夏の到来を鉛色の空と雨粒を
受けながら待ちわびているようです。
DSC08179.jpg

おれみたいにね
スポンサーサイト
梅雨時期?(あまり梅雨らしくないが・・・)の
この季節はあまりすっきりとした空模様の日が少ない。
この間の朝、雲間からの光が降り注ぐこんな風景を見て
久しぶりにカメラを取りに階下へ駆け下りた。
DSC08124.jpg

    自分ではこんな風景は結構見ているし好きなのでカメラにも収めているのだが
    ブログにこの類の画像をUPするのは久しぶりな気がする。
    DSC08132.jpg

雲間から光射す・・・こんな風景のうまい表現方法はないものかと
検索してたら・・・
Jacob's Ladder-ジェイコブズ・ラダー-【ヤコブの梯子】
【天使の梯子】とも言うらしい。 
DSC08136.jpg

いずれにしろ神秘的で神々しく美しい。
                    
ジェイコブス・ラダー ジェイコブス・ラダー
ティム・ロビンス (1999/12/10)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
世間では『仮面ライダー電王』が盛り上がっている事と思いまふが
(にしても電王おもしろいねぇ~
良太郎君も相変わらずいい味出してるし、ハナちゃん、ナオミちゃん、
愛里おねいちゃんの3人もせくすぃで可愛いし
タロスカルテットのボケだかつっこみだか判らん絡みも楽しいし
何がいいってハナちゃんの激しいどつき加減がドM心をくすぐって
『しかられてぇ~』なんて思うわけでございまふ・・・
って話が大幅にそれましたが・・・)

先日うちに大幅に遅ればせながら4匹?4頭?のディスクアニマルが
やってきたのでした
おまけ(おまけぢゃねぇけど)に光る!回る!ぢゃなくて
鳴る!光る『音錠』もやってきちゃったんでございます。
弦の鬼になるつもりはなかったんだけど(長髪の割にはギター弾けねぇし)
猛士甲信越支部(あるんかい?)からどうしてもっつうことで
送られてきたわけでごわす
DSC08116.jpg

今までアカネタカとキハダガニだけで頑張っていたんだけど
ルリオオカミ、おれの一番好きなリョクオオザル、ニビイロヘビ
そいからコガネオオカミもやってきて大幅に戦力アップしたわけで
ございますな
DSC08117.jpg

相変わらず『音角』は半分になって眠ったままだけど
とりあえず30年ぶりにギター練習して弦の鬼を目指すかぁ!
ってこれからかぁい!
DSC08119.jpg


って、またなんで今頃?ってぇとInfoseek メールdeポイントで
ちまちまと貯めてたスーパーポイントが結構あって
先月末で失効する分が半分くらいあって『もったいねぇなぁ』と
楽天ショップで『響鬼』でキーワード検索して
色々見てたら『べるはうす』さんで格安で売ってたっつうわけで
ございますなんかとっても得した気分ざまス
ぷぷぷぷ


どうでもいいような事だが昨日テンプレートの画像を変えたら
上のカウンターが半分しか表示されなくなってしまった
直すのもめんどくさいんでとりあえずそのままにしておきます
たははは気が向いたら直してみるけど・・・
昨日から7月、早いもので今年ももう半分終わり
前回の記事の最後に後半へ・・・なんて書いておきながら
結局二之巻としてしまいましたうへへへ

えぇ~タイトルが『奇しくも・・・』となっておりまして
何だか意味が判らないと思ってる方もいらっしゃるでしょうが
知りたい方は最後までお読みください
と無理やり読ませようとする姑息なおれなのでございます
つうことで二之巻いってみよぉ!


階段岩の少し上流、去年潜った小さな淵も堰きとめている岩の上を
水が滑り落ちていた。
DSC07981.jpg

対岸に広がる森はもう何年も手を入れられた様子も無く
うっそうとして野放図な暗がりを創っている。
DSC07988.jpg

紫親父の処もそうだが今は日本中に、こんな山が沢山あるのだろう。
一度人が手を入れた処はずっと続けなければ結局は荒れてしまうのに・・・
今の世の中(人類)はそんな事には見向きもせず
短時間で結果の出る事ばかりに目をむけ
長い時間かけて育む事を忘れているように・・・思う。
もちろん全ての人がそうではないが・・・。

何十年、何百年、何千年か計り知れないが、
気の遠くなるような長い時間をかけて
育まれた"もの〟には不思議な感動を与えてくれる力がある。
かれらのように・・・。
DSC07989.jpg

           DSC07992.jpg

                       DSC07986.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。