上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この2ヶ月ほど仕事の都合で平日は近所の渓流などへも行けない日が殆どだ
先週くらいからどうにもこうにもたまらなくなってきて山の神々の神気を感じたくて
今日の昼休みは現場から7、8分の大泉ダムへ禊(みそぎ)に行ってきた

先日の僅かな雪が残る道路を進むと


   右手には久しぶりに見る大泉の堰堤が見えてきた。
   DCP_6368.jpg

水際まで渓寅をつけ車を降りる。
DCP_6369.jpg

           冷たい水で顔を洗うと何だかとてつもなく心地よく
           濡れた顔と手のままで『はぁ~~~』っと深呼吸をすると
           鼻腔を突き刺すような冷たく澄んだ空気が身体の中を駆け巡り・・・
           DCP_6370.jpg

      遠くに見える南アルプスの山並みも
      すっきりと近づいて見えるようになった気がした。
      DCP_6372.jpg

冬の青空から注ぐ柔らかい陽射しを受けて
DCP_6374.jpg

        水面(みなも)は、キラキラとそれはそれは美しい輝きを放ち
        時おり水面下で生を育む魚達が造る波紋があちらこちらで広がっている。
        DCP_6373.jpg


... 続きを読む
スポンサーサイト
2006.12.17 暖冬
秋もあまりなく、いきなり真冬の寒さになった去年の12月とは大違いで
今年は比較的暖かい日が多い。
まぁ暖かいと言っても、それはそれでやっぱり寒いのだけれど、
雪が降ってもよさそうな時期なのに先日も朝方まで冷たい雨が降っていた。


凍っているのかと思って触れるとぽたぽたと濡れた地面に落ちた。
まぁ雨が降っていた位だから、それも当たり前か・・・。

寒空を見上げ、ひゅるひゅると耳元をかすめる寒風に鬱々と気持ちも萎えるのだけれど、
こんな風景を見るとそれもまた好しか・・・と少しだけ思えた。
DSC06288-1.jpg


    でもやっぱりお天道様の暖かさには適わない・・・かな
    DSC06289-1.jpg

昨日の朝、仕事に向かう途中、何だか美しくて
時間もないのに、ついつい車を停めて撮ってしまった。


このところ去年の今頃ほど自分の自由になる時間が少なくて、
自然の情景をカメラに収める事を怠っておりまふ。
DSC06281-1.jpg
いつも似たような画像ばかりですびばせんたははは
2006.12.07 寒空
何となく寝付かれぬままこんな時間まで起きている。
あと2時間ほどで仕事へ行く支度をしなくてはならないのに・・・


最近はこんな寒空の日が多い。


日の出の頃はお日様も青空もしっかりと顔を見せてくれて
DSC06259-1.jpg

                力強く暖かい光で凍った地面を融かそうとしてくれる。
                DSC06262-1.jpg

   そんな凍った地面からは少しばかり融けだした水蒸気が立ち昇ってか、
しばらくすると遥か遠くまで続く山の峰々は重なり合う影の如く霞み・・・
   DSC06264-1.jpg

いつしか鉛色になった寒々とした雲間からは今度は弱々しい薄日が
相変わらず冷え切った地上を気休め程度に暖めようともがいている。
DSC06271-1.jpg


前は嫌で嫌でたまらなかった、そんな寒空も
少しだけ受け入れられるようになってきた・・・気がする・・・。
DSC06274-1.jpg


大寒 小寒 山から小僧がやって来た
寒い寒いと飛んで来た・・・


※各地方によって若干の歌詞の違いがあるようです。
おれはこんな風に覚えています。
お立ち寄りの皆さんの地方はどんな歌詞ですか?
2006.12.03 一瞬・・・
朝焼けの中に浮かぶ頂のシルエットのゾッとするような美しさもほんの一瞬・・・
DSC06164-1.jpg

           DSC06162-1.jpg

           DSC06167-1.jpg

           DSC06166-1.jpg


夕陽に輝く新雪の山肌を見られるのもほんの一瞬・・・
DSC06154-1.jpg

          DSC06152-1.jpg

          刻々と変化する時・・・
          DSC06155-1.jpg

          時が刻まれるその瞬間・・・
          DSC06157-1.jpg

生かされている自分に気付く・・・
DSC06156-1.jpg

ただただ感謝・・・ありがとう・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。