上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長く活発だった今年の梅雨もようやく明けたようで、
平年より8日~11日、昨年より12日遅かったそうで、
全国、県内、各地に被害をもたらした梅雨もようやく一段落。
待ちに待った本格的な夏の暑さと青空が数日前から、
やっと感じられるようになりました

ブラックベリーの実も徐々に熟しワインレッドから濃い紫色に・・・
DSC03306-1.jpg

           DSC03307-1.jpg


本日の収穫量
DSC03314-1.jpg

        まだまだこれからです。
        


陽が落ち、ようやく涼しくなってきました。
DSC03318-1.jpg
スポンサーサイト
お知らせ
上のカウンターの数値を最初から付けてあるカウンターとそろえさせて頂きました

・・・って、そろわねぇぢゃん
昨日も今日も昼寝をしていないので余計に眠いっす
あっちのブログの製作日誌もかるぅぅくエントリーしておきます。
『紫親父と共に・・・』の続きも書かなきゃだね

※画像は本文と関係ありません。
DSC03173-1.jpg

なんか画像入れないと落ち着きませんたはは。
2006.07.25 初物
今年、最初の収穫です
DSC03172-1.jpg

スモモはちょっと熟し過ぎで何個か地面に落ちて蟻に食われてました
雲はどんどんはれて青空がどんどんと増えてきた。
久しぶりの夏空だ
DSC02543-1.jpg

          2年前は歩いた渓流に架かる橋を渡る。
          DSC02544-1.jpg

対岸の垂直に切り立つ岩肌に蜂の巣があった。
DSC02545-1.jpg


大曲と言う地名が示すように西に向かっていた渓の流れは
北向きに大きく流れを変える。


―回想―  【2年前・42歳の誕生日】

駐車場から渓へ下り上流へ向けて歩く。
さっきまで降っていた雨はすっかり止んで今は陽も射してきた。
季節は夏も終わり初秋となっているが、日差しも強くまだまだ暑い。
右岸側の垂直に切り立った岩肌の大きさに感動する。
直ぐに紫親父が岩肌の下のポイントに向かってキャスティングする。

流れが右に曲がった辺りで再び紫親父がロッドを振る。
DCP_4610-1.jpg

        おれはと言えばそこいらの流木に生えているキノコを撮ったり、
        DCP_4614.jpg

神々の創りたもうた雄大な造形に、
ただただ畏敬と畏怖の念を抱きつつ盛んに画像をカメラに納め
DCP_4620-1.jpg

       時折、その雄大で怖ろしささえ感ずる造形美の中で
       ロッドを振る友の姿をカメラに納めたりと
       DCP_4625-1.jpg

               まったく釣りをする素振りさえない・・・。
               DCP_4629-1.jpg

たまにロッドを振ってみるものの魚などかかる気もせず、
それでもその行為自体が面白くて飽きもせず繰り返していた。
20060725000150.jpg

               DCP_4634-1.jpg



季節も吹き抜ける風の感じも違うが、同じように青く晴れた夏空の下で
DSC02547-1.jpg

        あの日と同じように先を歩く友の姿をカメラに収めながら
        ふとそんな事を想い出した。
        DSC02549-1.jpg


まだまだ続くよぉ
思えば先週の月曜日に【天之巻】 を書いて以来
ずっと災害関係の記事になってしまいました
今日は大雨になると思われましたが以外にもそれ程でもなく
今は雨も止んでます

紫親父がちっとも続きを書かないおれにしびれを切らしたのか
『南アルプス よもやま集会』と題した記事をエントリーしやした。
おれのぷりっとした、せくすぃなお尻がUPされてます。
こちらと合わせてご覧くださいませわははは。

それでは【傑之巻・出立編】のはじまりぃ~



午前4時に目覚まし時計の響鬼さんの声で目覚めたおれは
頭と身体をスッキリさせる為に風呂へ入る事にした。
白々と明けはじめた薄暗い風呂場で灯りも点けずにシャワーを浴びる。
風呂場の小さな窓から外を覗くと、どうやら夕べ降っていた雨はひとまず止んでいるようだった。
身支度を整えて紫親父を起こす。

半分起きてうつらうつらしていたのか紫親父は直ぐに起きて身支度を整えた。

外に出ると夜はすっかり明けていた。時計は4:40を少しまわっていただろうか・・・?
紫親父の運転で再び東のお山へ向かう。
缶コーヒーを買う為に途中コンビニへ寄る・・・。
と思ったら財布を忘れている事に気がつく。
もっとも財布にはどうせろくに入っていないのだが・・・
またまた紫親父におごってもらう

眠気の為に喋るのがめんどくさいので口数も少ないまま
林道の入り口から更に奥へと車は進んでいく。
昨日引き換えした辺りを過ぎ林の間を縫うように走ると
慌てて逃げていく鹿の群れを何度も見かける。
心配していた崩落の多そうな岩場の辺りに差し掛かると
以外にも特に変わった様子もなかった。どうやら杞憂に終わったようだ。
『何だ、全然大丈夫じゃん』
『でもやっぱ夜はこえぇよ』などとお互いに言いながら
少し緊張しながら崖の道を通り過ぎる。

何となく安心して今年は4月に来て以来久しぶりの
少し懐かしく見慣れた風景を楽しむ。
渓流の流れを見ると以外にも、それ程水量は多くはない様に見えた。
発電所の溜まりも逆にいつもより水量が少ないようにも見えた。

紫親父がいつもイブニングの釣りをする堰堤を過ぎると
上流側で浚渫工事の為のバックホーや河川敷の丁張や
工事看板があってちょっと嫌な予感もする。

時々車の下を『ゴリゴリ』と摺りながらしばらく走ると
ゲート下の駐車場へ着いた。
摺らないよう慎重に坂を下っていくと既に車が3台ほど停まっていた。

既に出発したのか車の中に人影はなかった。
時間は6時少し前、いや少しまわっていただろうか?

しばらくすると2年前と同じように雨が降ってきた。
『またかぁ』
これまた2年前と同じようにしばらく車で待機しながら眠る事にする。
雨音と渓流の音を子守唄に紫親父もおれもじきに眠りに落ちた

しかし雨の日は何でこんなに眠れるのだろうか?
いくらでも眠れる気がする・・・・随分と寝た気がした。
携帯で時間を見ると9時少し前だった様に思う。
気分も頭もスッキリして爽快だった
空を見上げると雨は止んでいた。
DSC02540-1.jpg

                  ガスが晴れた雲間から青空も少し顔を覗かせるようになった。
                  


昨日買ったパンとおにぎりと缶コーヒーで簡単に朝食を済ませ
渓流の冷たい水で顔を洗うと更に頭もスッキリしてきた。
ついでにもして更にすっきり軽くなる。

身支度を整え2年前の行きには通らなかったゲートを通り抜けて
ようやく出立の時を迎えた。
DCP_2632-1.jpg

長っ!やっとゲートを越えたとこだ・・・。
たははは
夕方からまた雨が降ってきました
さっきから徐々に激しさを増しているようですし、
今週もまた毎日雨マークがついてました
昨日のうちにエントリーしようと思ってたら、日付が変わっちまいました。

この関連記事のエントリーも最初はいつもは見られない
大雨の時の渓流や林道なんかの姿を興味本位で紹介してましたが、
最初の時点ではまさかここまで被害が拡大するとは夢にも思いませんでした。

よもや自分の産まれた町や住んでいる街で避難勧告や
避難指示が出ることになろうとは・・・。
それ位この辺では珍しい今回の自然災害です。

同時にあらためて自然への畏怖の想いを強くした一週間でもありました。

昨日は殆どのところで通行止めや避難勧告が解除されたりで
久しぶりに平穏な一日だった気がします。
とは言え避難指示や避難勧告が出された地域の方々や、
未だ避難所に居られる方々は心休まるどころではないでしょう。

あらためて今回の災害によって亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします
また被災された方々が一日も早く通常の生活に戻られるよう
願って止みません
本当に早く梅雨が明け安心出来る日が来るようお祈り申し上げます。

今回で一応、河川パトロール隊(一人だけど・・・)は解隊いたします。
と言っても今週も不穏な空気が漂ってますので、なんかあればまた出動いたします
と言っても危険のないように、迷惑かけないように無理しませんけどね

今回、避難勧告・避難指示が出た地域の友人から聞いた話ですが、
最初の段階では、とにかく情報が少なくて状況を把握する事が
難しかったようです。

テレビのニュースでも大きな被害の出ている地域しか判らず、
自分の地域が今どういう状況なのか判らない事があったそうです。
それに避難所の公民館でも最初、テレビやラジオも無かったりで
情報が入らず、食料が不足していたりと何かと足りない物だらけ
だったようです。

おれが感じたのは地域の情報はとにかくケーブルテレビが一番でした。
新しい動きがあれば随時放送されて市役所での対策会議の様子なども
中継されていました。
そんなのを踏まえケーブルテレビは避難所になるであろう
各公民館などには備え付けた方が良いのではないかと思ったりもしました。

とにかく幸いにして、うちの辺りには被害も避難勧告も出ませんでしたが、
今はまだ完全に安心できる状態でもありませんし
三峰川が目と鼻の先にある以上、おれらにもいつ何時そんな事態が起こるとも判りません。
また東海地震の危険区域にもなっている事も踏まえ
もう少し防災と言う事を真剣に考える必要を痛感しました。

と言うわけで一応、最後のパトロール報告です
22日の土曜日に現場へ向かう途中に撮りました。
いつもの中央橋です。昨日も通りましたが、随分と落ち着いて、
普通の梅雨時期の長雨の時の水量くらいでした。
DSC03094-1.jpg

   橋脚に絡んだ木やゴミが流れの激しさと水量を物語っています。
   DSC03095-1.jpg

下流側もようやく橋脚の土台部分が見られるようになりました。
DSC03089-1.jpg

             堤防の小段に泥が堆積してます。
             DSC03091-1.jpg

      先週の火曜日の水位が上がりだした頃、撮った画像とは
      1mちょっとは違うでしょうか?
      DSC03088-1.jpg


天竜川・三峰川の合流点です。
しっかり砂混じりの泥が堆積してました。
DSC03066-1.jpg

       この間クラックが入っていた場所はえぐられて無くなっていました。
       DSC03068-1.jpg

                  この間、白鷺が三羽飛んでた処です。
                  DSC03079-1.jpg

市役所の駐車場前の少し下流の辺りです。
これでもまだ多いくらい。
手前の方で休みの日なんかはいつもトライアルやってるのにね。
DSC03081-1.jpg

             小黒川との合流点です。
             小黒川は殆ど水が澄んでます。
             DSC03083-1.jpg

平成大橋の付近もようやく普段通りの水位に戻りました。
メタル(型枠)の痕で見てみると3m弱は違うでしょうか?
DSC03084-1.jpg

               こうして見ると堤防から1m下の辺りまで             
               水位が上がったのが嘘のようです。
               昼間下の小段で犬の散歩をさせてる人を見ました。
               DSC03085.jpg


ちょっと追鬼します。
釜口水門で検索された方がうちのブログにも立ち寄ってくれたみたいで
そこから検索されたサイトにいくつかお邪魔したのですが
その中にあった『sereno days』さんのブログです。
諏訪・岡谷地方の生々しい災害の様子がエントリーされています。
釜口水門の放流量が凄いっす


後半は三峰川の様子です。
今週は梅雨災害関係の記事ばっかりエントリーしてましたが、
その間にも、うちの庭の植物や畑の野菜は着実に成長してまして・・・。
昨日は午前中、ほんとに久しぶりにお天道様が
顔を覗かせてくださいまして・・・ありがたやありがたや
ってすぐにまた隠れちゃってんですけどね

ブラックベリーはだいぶ色づいてきましたがもう一息。
DSC03036-1.jpg

      ギボウシの花は少し見ごろを過ぎてるかな?
      端のほうの色が変わってる花がいくつかありました。
      DSC02859-1.jpg

          雨降ってるとなかなかゆっくり見る気にもならないからねぇ 
          DSC03041-1.jpg

大根の花です。
DSC03042-1.jpg

そういえば昔『だいこんの花』ってドラマをやってましたねぇ。
内容はどんなだったか忘れたけど。
だいこんの花 BOX だいこんの花 BOX
ミヤコ蝶々、鮎川いずみ 他 (2005/06/22)
エムスリイエンタテインメント

この商品の詳細を見る


          スモモもだいぶ色づいてきましたもう少しで食えそうです
          何個か虫に食われた痕があったけど、おれらは食えるのだろうか・・・?
          DSC03045-1.jpg

アジサイもまだまだ頑張ってます。
DSC03046-1.jpg

               ミントの花は少し散り始めてました。
               DSC03048-1.jpg

トマトはまだ青く・・・と思ったら・・・
緑なのになんで青いと言うのだろうか?そういやぁ青果と書きますねぇ。
実際に青かったら食う気は失せると思うのだが・・・。たははは
DSC03051-1.jpg

           色づき始めてるのもありました。
           DSC03052-1.jpg

今年はちょっと日照不足でございますなぁ
はやく本格的に夏が来てほしいものでございます
午前中から雨は上がっていますが市内や近隣の市町村でも
あちこちで土砂災害の危険が高まっている為に
避難勧告や避難指示が出ています。
引き続きご注意くださいませ

昨日の7時頃の中央橋です。


DSC02983-1.jpg

DSC02986-1.jpg

今朝の7時頃の様子。
いくらか穏やかにはなってますが、また水位が微妙に上がってました。
DSC03031-1.jpg

DSC03032-1.jpg

DSC03033-1.jpg


一昨日土砂があふれ出していた場所は昨日はバリケードで
囲われていました。
DSC03011-1.jpg

中央道も依然として通行止めのままです。※画像は昨日のものです。
DSC03016-1.jpg

DSC03018-1.jpg

一昨日の夕方から橋脚が沈み始めた殿島橋です。
※画像は20日の17:30頃のものです。
DSC03024-1.jpg

DSC03027-1.jpg

DSC03020-1.jpg


くらしの情報・避難状況/通行止めの情報などはこちら※14:27更新
http://info.shinmai.co.jp/2006heavyrain/data/2006/0721_002001.html
と言うわけで夕方でも先程のニュースでも市内や近隣の市町村の事が流れてましたが、
明日も雨が降るようなので引き続きご注意くださいませ

亡くなられた方、行方不明の方、被災された方、いまだ避難されている方、
お悔やみとお見舞いを申し上げます

ちなみに今日決壊した箕輪町の堤防の目と鼻の先に、
この間紫親父と行ったホームセンターがあります。


この記事やニュースでも流れていた中央橋の昨日の昼ごろの下流側の画像です。
DSC02839-1.jpg

             DSC02840-1.jpg

                 白鷺が餌を探してます。   
                 DSC02843-1.jpg

                 水位も上がっていましたが、まだまだ余裕はありました

天竜川と三峰川の合流点脇の河川敷の広場から撮りました。これも昨日の昼ごろの画像です。
白鷺が驚いて飛び立っていきました。
DSC02851-1.jpg

           中州の浅瀬にも何羽も休んでいました。
           DSC02847-1.jpg

                   こっちの中州にもいます。
                   DSC02850-1.jpg

        広場脇まで水位が上がっていました。
        ベージュっぽい建物を左側から写しています。
        DSC02853-1.jpg

              三峰川を広場から上流に向かって撮りました。
              DSC02849-1.jpg



今日行ってみると河川敷の広場はすっかり水没していました
赤丸の少し先あたりで昨日は撮ってました
DSC02912-1.jpg


           右手のベージュっぽい建物の位置関係を
           昨日の3枚目の画像と比べてみてください。
           DSC02913-1.jpg

昨日は小さい赤丸の少し手前位まで行けたと思います。
右側の大きい赤丸のあたりが今日決壊して避難指示がでた地域です。
DSC02914-1.jpg

            DSC02915-1.jpg

                    DSC02916-1.jpg

流れに接している所にクラックが入っています。
ここも崩れて流れそうです
DSC02918-1.jpg

        市役所前から少し下流のいつもは殆ど水のない所です。
        DSC02923-1.jpg

市役所の斜め前に掛かる平成大橋の橋脚です。
DSC02928-1.jpg

             DSC02980-1.jpg

かなりやばい水位ですこんなのは初めてです
DSC02934-1.jpg


後半は今日の三峰川の画像です。
先週の土曜日あたりから断続的にから降り続いていて
今週に入ってからは記録的となった雨も昼ごろにようやく上がりました。
昨夜は近隣の市町村や市内でも避難勧告や非難誘導がなされていました。
おれの産まれた箕輪町でも今日、一部堤防が決壊し
今日の11時半頃、天竜川の堤防が決壊して避難勧告が出されましたが、
それも午後には解除となり、今しがた、昨夜から避難勧告が出ていた
地域にも安全が確認され解除が通知されてようやく市内も落ち着きを
取り戻してきたようです。

昨日もそこいら行ったのですが今朝も三峰川や天竜川、
いつも行く場所や天狗の森にも行ってきました。
(って何やってるの、おれ

右岸側からの様子です。普段はこの堰堤のところから
左岸に渡れるのですが・・・

昨日の様子。
右手の奥の方が天狗の森と勝手に名づけたところです。
DSC02804-1.jpg

これが今朝の様子。
昨日も凄かったけれど今日はさらにパワーアップしてます
DSC02973-1.jpg

    昨日は堰堤の下にも行けましたが
    DSC02807-1.jpg
 
    今日は近づけませんでした。っつうかそもそも行くなよ、おれ
    DSC02970-1.jpg

昨日は水路の中から撮れましたが
DSC02814-1.jpg

  今日は水路の部分にも堰堤の縁を乗り越えた濁流が押し寄せていましたこわっ!
  DSC02972-1.jpg

昨日はそれ程濁りもありませんでしたが
DSC02828-1.jpg

今日は流れも広がって茶色い濁流となって昨日以上に
石が『ごっ、ごご』と転がる音が激しく響いてました。
DSC02946-1.jpg

          昨日
          DSC02827-1.jpg

          今日
          DSC02942-1.jpg

昨夜のエントリーに今日の画像を付け加えておきます。

天竜川の一部地域で堤防が警戒水位を超え更に釜口水門からの放水量が増えて
先程から自主的避難を促す警報が出ています。
隣の村では避難勧告が出ています。

またここ10年間でもっとも土砂災害が発生する危険性が高まっている
長野地方気象台から警戒警報も出されました。

とりあえずうちのあたりは大丈夫そうですが、こんなに降るのは
ここに引っ越してからもうじき12年になりますが初めてですね

次は『いつもの場所』の様子です。
遠くや近くの山や周りの景色や色ももすっかり    
DSC02800-1.jpg

       大粒の雨とグレーのガスに包まれていましたが・・・
       DSC02799-1.jpg

そんななかでもウツボグサや
DSC02786-1.jpg

        レンゲは鮮やかに異彩を放っていました。
        DSC02787-1.jpg

昼飯を食う時など車を停めているちょっとした広場の脇で
いつも木陰を作ってくれる樹にまで渓は迫り
DSC02789-1.jpg

     すっかり下側の斜面をえぐられていました。
     DSC02803-1.jpg

                    【今朝の様子】
                    DSC02965-1.jpg


いつもは水など無い石だらけの河原にも砂が溜まって
水が流れた痕跡を残していました。
DSC02791-1.jpg

        どうやらこのあたりから流れ込んだのかな?
        DSC02793-1.jpg

あのすべすべした石も既に下流へ流れてしまっているようです。
DSC02802-1.jpg

【今朝の様子】
DSC02967-1.jpg


           堰堤から落ちる水量もかなり増えていました。
           DSC02817-1.jpg

           【今朝の様子】
           DSC02979-1.jpg

しかしほんとに好く降りますねぇ~
家で仕事してたんですが用事があってちょっと出たんですね。
用事を済ませたら、どうしてもあちこちの渓流や川の様子を
見たくなって行ってきました。あっ、あほだ

まずは『流るる・・・』でも行った林道。

いつものように砂利道を上っていくと途中から道が川になってました。
DSC02762-1.jpg

昔『道が川なら・・・』なんてCMもありましたが、林道じゃぁあんまり洒落にもなりやせん
いつもは水の『み』の字もないところから水が流れてたので、
近づいて見ると
DSC02761-1.jpg

              しっかりと流れを作ってました。
              DSC02760-1.jpg

道下の渓流を見るといつも優しい流れでなくちょっと荒ぶっておりやす。
画像も、ちっと荒ぶってます
DSC02763-1.jpg

     すぐ脇の枝にはこんな実も生ってました。
     DSC02766-1.jpg

対岸がいつも崩れていて、こちら側もすぐ下に渓流が流れている
ちょっとやな感じの場所を抜け
DSC02778-1.jpg

ひとつ目の橋を渡ると橋もまた川でした。
って意味判んないっね
DSC02775-1.jpg


画像が多いんで後半へ続く・・・
2006.07.18 清める雨
土曜日の午後は久しぶりに『バケツをひっくり返す』ような雨となりました。

熱く澱んだ濁りや驕りを冷ますように雷鳴と共に激しく降る雨。
DSC02735-1.jpg

    しばらく激しく降っていたが次第に勢いを和らげ
    いつしか薄日が・・・
    DSC02741-1.jpg

盛んに上がる水蒸気は浄化されたかのように虹色に輝き・・・
DSC02758-1.jpg

           樹々の向こうの霊峰が雨だけでは落としきれず不要になった不浄のものを
           吸い込んでくれているようだった。
           DSC02759-1.jpg

いやぁ、朝から激しい雨でございます
そういやぁ、今日って休日なのねぇ
外の仕事は無理なんで昨日の続き書いておきますわ
んじゃ、始めます

現状の情けなさにおれは軽く凹んでいた。
それでも支度をして紫親父の車に荷物を積み込み
途中のスーパーで夕飯やら明日の食料やらを買っていくことになった。

おっさん二人がスーパーで買い物をするというのは
傍から見るときっと滑稽で気色悪い感じがしたことだろう
あぁだ、こうだ言いながらの買い物も終わったので
目的地のM川上流の車止めの下の駐車場へ向かう。
DCP_2632-1.jpg

※画像は3年前のものです。

ダム湖を過ぎドーナツ饅頭を買った集落のはずれにある林道の入り口の
バリケードと工事看板の前で紫親父が車を一旦停める。

『なんか看板が増えてへんかぁ?』
『う~ん、こんなもんじゃねぇのぉ?』

工事看板の"土砂崩れの為・・・"と言う文字と
今にも降り出しそうな星も月も見えない真っ暗な空と
先に続く漆黒の闇に何となく不安を覚えながらも
バリケードの切れ間から林道へ再び車を走らせた。

しばらく行くと道路の谷側のがけが崩れ仮補修してバリケードで
囲ってあるある処を通り過ぎた。
どちらからともなく
『なんかやばそうだね』
『雨も続いてるし、最近下見もしてないし・・・』
この先にある岩を斬り通した落石の多い場所が脳裏に浮かんだ。

おっさん2人は完全にびびっていた

引き返して林道の入り口の少し下にある駐車場で寝ることに意見が一致した。
Uターンして今来た道を戻り駐車場へ車を停める。
『おっさん2人で狭い車の中で寝るのは、なんかいまいちだねぇ~』
などと何となくほっとしたおれは軽口をたたいた。

どうせここで寝るのなら携帯の電波が届くところにしようと
更に戻って一つ目の集落を通り過ぎた橋の脇の
オレンジ色のナトリウム灯の下の広場へ車を停め、
遅い夕食を取ることにした。

橋の袂の歩道に座り紫親父がおごってくれた
『その他の雑種②』のプルトップを開けぐいっと呑み、
セブンイレブンの蕎麦を食べると、
何だかようやく無性に嬉しくて可笑しくなってきた。
ひとりで笑っていると『何をわらってんねや?』
と紫親父が半分怪訝そうに半分笑いながら尋ねた。
『いや、なんか気持ちいいしさ・・・』と曖昧に答える。
すぐ後ろの山で鹿が警戒の鳴き声を盛んにあげていた。

ひとしきり飯を食いながら歓談し紫親父は寝る準備をしに
車の中へ入った。
ポツポツとほんの少しだけ雨が降り出した。

心地よさに眠る気にもなれず、しばらく橋の上から川の流れを見たり
鹿が鳴いていた森の奥を伺ったりとうろうろしていたが
昼間の疲れと酔いも手伝って少し眠気がやってきた。

車の中へ入ると紫親父はシートを倒し寝る体勢になっていた。
おれもシートを倒し寝ようとしたのだが、どうにも暑いので
『ちょっと窓開けるんでエンジンかけて』と言うと
『虫が入ってくるやんかぁ』
『外は涼しいから虫なんかいねぇよ』
あぁだ、こぉだ、と、ひと悶着あって
結局うちへ戻る事になった。
たははは

紫親父としては、あのまま奥の駐車場へ行っていれば
そのままでも良かったが、ここまで戻っているなら
ちゃんと寝たかったようだ。それはおれも同じ事だ。
それと気も使っての事だった。
それに紫親父は"しほ"が居ないので何となく心もとないと言っていた。

そんな気持ちはおれにもよく判る。
かみさんと一緒に何処かへ行く時にはそんな事は感じないのだが・・・。

以前も友人とツーリングに行った時など、
無性に帰りたくなった事が何度もある。
実際に夜中に帰ってきたこともあった。
偉そうな事を言っていても所詮男など、この程度のもので
女の人には敵わないのである

それに紫親父としては、おれの状況や立場を考えて
色々気を使ってくれていたのだ。
何にせよ気ぃ使いしいなのだ。
はいはい、おれが悪いですよたははは。
あじがとね

そんなわけでかみさんに『これから戻る』と電話して
へたれ親父二人は一旦家へ戻った。

とにかくいろんな意味で夜の山はおっかない。
以前に一人でキャンプしたときも、おっかないので酒を呑んで
早々に寝ることにした。
"へたれ"と言われようが何だろうが、そんなところで
見栄を張る歳でもないし無理する必要もないのだ。

家で軽く呑みなおし横になった紫親父はいつしか寝入っていた。
横になってテレビを見ていたおれも安堵感と疲れから
いつしか眠りに落ちていった・・・。
天狗の森を出てCROP+PLUSさんへ寄り、くくりつけた流木を下ろした。

叔母の勤めているラーメン屋さんまで行く道すがら
今まで仕事したところを2件ほど紫親父に見せた。
自分の仕事を見せたのは初めてだった。

そんなこんなでラーメン屋さんに着いたのは1時半を少し回っていた。
準備中になる前に間に合ってほっとした。
なかなか来る機会がなく初めてだったがラーメン屋をやっている友人が
美味いというくらいだから美味いに違いない

久しぶりに会った叔母さんにお勧めを聞いて注文する。
餃子もとりあえず一人前頼んだ。
腹が減って死にそうなくらいだ

取り留めのない話を交わしていると待っていると
じきにラーメンと餃子が出来上がった。
出てきたラーメンは噂にたがわず美味かった

会計をしようと『おれが払う』『いぃや、おれが払う』などと
おばちゃんたちの会計争いの如く2人で財布を出して言い合っていると
叔母さんが『もう払ってあるよ、私のおごりね』と言う。
中に入っていたゆで卵は店の奥さんのおごりらしい。
叔母さんと店の奥さんに礼を言って店を出た。
ありがたやありがたや

それから5月に紫親父に画像を送ったT町のY川まで行ってみる事にする。
DSC00887-1.jpg

           DSC00886-1.jpg


前に通りかかった時、気になったこの場所へ行ってみた。
DSC00900-1.jpg

何処かのおじさんが車を停めて川を見ていたので
紫親父が『何がいるんですか?』と関西弁のイントネーションで訊ねると
『鮎釣りをするんで様子を・・・』と言っていたような・・・
しばらく流れを見ているとカーブになった流れの深みに何か泳いでいた。
落ち込みの手前の滑らかな水面に時折、魚が虫でもついばんでいるのか?
小さな波紋がいくつか広がっていた。

後半へ続くよぉ~ 
今夜にでも・・・と予告しながら、すでに2日も経ってます。
すいませんでしたぁ

と言うわけで今年の初めにめおとでやってきて以来半年ぶりに紫親父がやって来た。

今回は嫁のしほは身重の為、ひとりでやって来た。
2年前に行った東のお山の渓流の前回より奥地?への釣行が今回の
一番のイベントだ。

最初は前の週の木、金の予定だったが台風接近と梅雨の為、
今週の水、木へと変更したのだ。
が、結局先週の方が天気が良かった

7:30頃、『起きとる?』とメールがあったので返信するとすぐに携帯が鳴った。
既に近くに来ていると言うので家へ来るよう告げると、
じきに表で車が砂利を踏む音がした。
普段の言動や見かけ?によらず相変わらず気ぃ使いしぃだ
もっとも気を使わせてるのはおれなのだが・・・たははは

ひとまず家へ招き入れ、今日、明日の予定やら近況やらの話をする。

朝から小雨がぱらついたりであまり天気が良くないので、
軽ぅく仕事も交えながら渓寅であちこち行くことにした。

人から聞いた天竜川でのポイントや隣の市の川まで足を延ばしたり
おれが行く"いつもの場所"へ案内したりして


           ひとまず天狗の森まで行く。
           DSC02174-1.jpg



車を停めて『画像だとあんなだけど実際はこんな処だよ』
なんておれが言うと紫親父は『大体判ってたわ』と笑っていた。

5、60m上流へ渓流沿いに歩き、倒木で自然に出来た仮橋を渡り
流木や岩が積み重なってる本流脇の静かで澄んだ流れの石の上で、
人生やら子供の事、仕事の事、自然の事、地球の事など、
様々な事をとめどなく語り合う。
勢いで話をしていたら腹が減って目が回りそうになってきた
腹が減りすぎて久しぶりに低血糖っぽくなって手がしびれてきた
そりゃそうだ、時間を見ると既に1時近くなっていた。
ラーメンを食いに行こうということになって、
流木を少しばかり集めて渓寅の荷台にくくりつけ
DSC02088-1.jpg

門番の樹に礼を言い天狗の森を後にした。
彩雲を見ていたら、こんな雲も浮かんでた。
タバコをふかす人?
DSC02696-1.jpg

              ほんとに小さな雲の集団がポツポツ現れ、いつしか消えて・・・
              DSC02722-1.jpg

      彩雲そのものが羽ばたく鳥のように変わった
      DSC02704-1.jpg


極めつけは夕陽と雲のスペクタクル
DSC02732-1.jpg

       こんな造形と色使い・・・
       DSC02731-1.jpg

                  どんな高名な芸術家も
                  DCP_6194-1.jpg

        足元にも及ばないだろう・・・
        DCP_6196-1.jpg

                まるで街が飲み込まれてしまいそうな・・・           
                DCP_6197-1.jpg

        怖ろしいまでの臨場感
        DCP_61951-1.jpg

        ほんとに自然て凄い!
昼休み、ふと空を見上げると・・・何となく見られそうな気配が・・・
DSC02689-1.jpg

彩雲瑞雲と呼ばれる雲だ。
DSC02693-1.jpg

         何度か見たことはあるが、ここまで見事に長い時間
         見たことは今までなかった。
         DSC02698-1.jpg

『ウィキペディア(Wikipedia)』の彩雲の項目を読んだらありふれた気象現象らしいけど、
それでもこの美しさにはただただ感動する。
DSC02699-1.jpg


※後半は連続で撮った画像を載せてあります。
四日ぶりの更新です。
お立ち寄りの皆様、ご無沙汰しておりました

12日の朝紫親父がやってきました。
今回、しほは身重のためお留守番でございました。

おとといは軽ぅく仕事も絡めながらあちらこちら。
昨日は2年ぶりに東のお山の奥?の渓流へ行ってきました
DSC02538-1.jpg

     2年前の画像も交え今夜にでも記事をエントリーいたします。
     軽ぅく・・・お楽しみに!
     DSC02541-1.jpg
夕方ちょびっと『音角』を弄りました。
判りにくいけど曲がる部分や裏側にポリパテ盛ってあります。


        持ち手の部分を削ってます。
        ABS樹脂のせいかやすっても、彫刻刀で削っても
        毛羽立ちますやな感じです
        DSC02480-1.jpg

                紙やすりで表面の毛羽立ちを取って滑らかにしやす。
                まだ途中だけど、裏打ちしたポリパテが出てきました。
                もう削らない方が良さそうです
                DSC02483-1.jpg

持ち手の部分に、皮ひもを仮巻きしてみました。凸凹が結構出ますね。
皮ひもの幅がちょっと広い感じがするのでもう少し細い方が良いかも。
DSC02484-1.jpg

         そんで持ち手部分の表面を整える為にタミヤパテを盛りました。
         顔の部分にも盛っておきます。
         DSC02485-1.jpg

音叉部分にポリパテ盛ってとりあえず乾かしておきました。
パテ盛ったら鬼の顔が機関車トーマスに出てくるキャラクターみてぇです
わははは。
DSC02487-1.jpg


仮面ライダーヒビキ 変身音叉 音角 仮面ライダーヒビキ 変身音叉 音角
(2005/02/15)
ハピネット・ロビン
この商品の詳細を見る

S.I.C.VOL.33 仮面ライダーヒビキクレナイ&トドロキ S.I.C.VOL.33 仮面ライダーヒビキクレナイ&トドロキ
(2006/06/30)
バンダイ

この商品の詳細を見る

きかんしゃトーマス DVD全集2 VOL.1 きかんしゃトーマス DVD全集2 VOL.1
きかんしゃトーマス (2001/12/01)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る
人にとってはじめじめして鬱陶しい梅雨だけど植物にとってはやはり、
成長する為の大事なプロセスだ。

斜面でもお構いなしで重力に逆らうよう真っ直ぐに伸びる樹々も
奥行きというか、厚みというべきか、
個々の葉の密度がみっしりと梅雨の前より確実に増している。


           長い事かけて苔むし馴染んだ人の造りしものも
               一層水気を帯びて、更に周りと一体となっている。  
           DSC02380-1.jpg

                     足元の悪い砂利道を苦もなく登ってきた相棒も
                     DSC02383-1.jpg

渓の清流の水音でしばし休ませ仰ぎ見れば、
DSC02384-1.jpg
                若葉は恥ずかしげに頬を紅く染め
                DSC02385-1.jpg

         空も見えぬほど覆い繁る。     
         DSC02387-1.jpg

             厚い雲とみっしりとした葉の間隙をぬって差し込む日差しは
             一足早く真夏のものとなっていた。
             DSC02389-1.jpg
2006.07.08 紅い奴ら
ジムグリの幼蛇(ようだ)だす
ようだ、つってもこの人ぢゃないだす、って字ぃ違いますね
って人ぢゃねぇし
STAR WARS ベーシック フィギュア ヨーダ スピニングアタックバージョン STAR WARS ベーシック フィギュア ヨーダ スピニングアタックバージョン
(2005/04/28)
トミーダイレクト

この商品の詳細を見る

隊長ぉー!体長は20㎝位でした!・・・・
DSC02391-1.jpg

      黒目がちなクリッとした目がカワユス
      DSC02392-1.jpg

ニョロニョロっと
DSC02394-1.jpg

           いっちょまえにカメラに威嚇してくれました
           DSC02396-1.jpg


もう一匹の紅いのは隣の黒い子が連れて来ました。
もう死んぢょります
DSC02454-1.jpg

       名前が判らんのです
       DSC02455-1.jpg

             ひっくり返すとお尻がタタリ神のようでござる
             DSC02457-1.jpg



明日の朝一の打ち合わせの為、今夜は風呂入って早めに
寝ます
おやすみなさい。
明日またね
倉庫でちょこっとやる事があって終わったので出かけようとしたら
ネットで調べる事があったのを思い出してパソコンを開いて
朝、行けなかったみりんさんのブログ『アトリエみりん干し』
閲覧すると『おお!

以前みりんさんが
【『独身王子に聞け!』の著者牛窪恵さんとお茶】
でエントリーしていたイラストがUPされたとの内容だった。
んで、これがエントリーされた記事ね『牛窪恵さんとこのホームページに』
凄いのである
んで早速、牛窪さんが社長の会社『インフィニティ』のHP
『Hachinoji.com』へ行ってみた。
『おお!』とにかく見てみりん。

独身王子に聞け!―30代・40代独身男性のこだわり消費を読む 独身王子に聞け!―30代・40代独身男性のこだわり消費を読む
牛窪 恵 (2006/02)
日本経済新聞社

この商品の詳細を見る
〆切り金曜日 〆切り金曜日
大原 みりん (2001/11)
文芸社

この商品の詳細を見る
〆切り金曜日でR 〆切り金曜日でR
大原 みりん (2005/08)
新風舎

この商品の詳細を見る
いやぁ、雨ですねぇ、梅雨ですねぇ仕事になりやせん
そういうわけで、って、どういうわけなんっでぇ!と突っ込みをいれつつ
外の画像もあまりあまり代わりばえしないんで、たまにはうちの猫など・・・。

うしろ頭が『まま』、茶色いのが『ちゃいろ』、もう一匹が『でぶ』
うちは猫の名前はかなりいい加減でございまして、ほとんど見たまんまです。
呼んでもどうせ来ないし小さい頃に呼んでた名前の
使用頻度の高いのもので落ち着きました。
DSC02149-1.jpg

      毛が茶色だったので『ちゃいろ』小さい頃丸々してたんで『でぶ』
      DSC02227-1.jpg

他の2匹のママだから『まま』・・・って前はなんて呼んでたっけ?
ほんとはもう一匹縞々の『とら』が居たのですが、去年の冬に
行方不明になってしまいました

最近『まま』はおれがパソコンの前に座ると大体ひざの上に乗っかって
寝ています。けつが痛くなるのれす
DSC02356-1.jpg


ちなみに『まま』と『ちゃいろ』が首に巻いてるのは掻き毟り防止用のガーゼです。
2年ほど前から首の周りの毛が抜け始め、そのうちに痒いのか
掻き毟って血だらけになってしまいました
アレルギーのようで餌を変えましたが良くなってきたかと思うと
掻き毟ってしまってしまうのでなかなか治りません。

その他『くろちゃん』や『くろちゃん』の息子の『むすこ』も庭に
住み着いてたりして『貧乏人の猫沢山』だぁ~
って違うねたははは。
昨日、雨が上がったので出かけようと、ふと畑を見ると・・・
DSC02329-1.jpg

          ツヤツヤでスベスベ
          DSC02330-1.jpg

コノデガシワの緑も雨上がりで一層瑞々しく
DSC02331-1.jpg

アジサイもまだまだいけますね
DSC02335-1.jpg

            良きかな、良きかな
            DSC02334-1.jpg

あっちのブログにもエントリーしましたが
うちのブログにもリンクを貼らせていただいてる
蟒「Orochi」さんのところのシルバーアクセサリーが
『GET ON!(ゲット オン)』に掲載されるそうです
良かったっすね

龍や天狗、鬼や和文様などの『和』モチーフの
シルバーアクセサリーなので『響鬼』好きな方も
きっと心をくすぐられちまいますよ

HPはこちら
蟒「Orochi」Silver Accessory

発売中のこの号じゃないと思うけどね
GET ON ! (ゲットオン) 2006年 07月号 [雑誌] GET ON ! (ゲットオン) 2006年 07月号 [雑誌]
(2006/06/06)
学習研究社

この商品の詳細を見る
梅雨の真っ只中の日曜日、皆さん如何お過ごしでしょうか?
7月2日で検索してみると今日は一年の丁度半分だそうで
折り返し地点てぇ事ですね。
おれも人生の折り返し地点を過ぎて後半をの人生を
走ってるんだか???歩いてるんだか???
多分、歩いてますが・・・たははは

また雑節の半夏生(はんげしょう)だそうで
天から毒気が降ると言われてたようです。
DSC02311-1.jpg


       今降ってる雨にも毒気が、と言うより毒気そのものか?
       『毒をもって毒を制する』でちょっと濡れたほうが良いかも
         DSC02315-1.jpg

『半夏生』を検索してたらこんなHPがありました。
これからも使わせていただきます
日本文化いろは事典
http://iroha-japan.net/

日本の文化、知らない事が沢山あります。
日本人なのにねぇ
ブログを始めてから今まで見過ごしていたような事、
知らなかった事、あらためて詳しく調べて本当の意味を
知ったりした事など沢山あります。
それから人との出会いもね

インターネットで日本の文化を知り、
良いところを再認識する。
ブログを通じて人と知り合う・・・
おかしな話しだけど・・・まっいいか

おっ、晴れてきたねぇ
DSC02318-1.jpg
ちょっと仕事で使うあるものを見つけに出かけた天狗の森で
枯葉や樹皮と見紛うような蝶々が髪飾りのごとく、
しばらく逃げもせずに汗だくのバンダナの水分と塩分を吸っておりました。
旨いのか?旨いんだねおれの汗うげっ
DSC02286-1.jpg


おなじみの昆虫エクスプローラで調べたら多分こいつだろう??ってのが
このクロコマノチョウだと思うんだけど・・・。
羽の形が微妙に違うんで判らんけど??違ってたらごめんなさい
誰か知ってたら教えてくださーい


          その帰り道、何だか道路をコガモがトコトコ歩いておりました。
          DSC02256-1.jpg


                  親とはぐれて迷子にでもなったのかなぁ?
                  DSC02255-1.jpg


そうそう、ついでにだけど一つ訂正しておきます
前にエントリーした『ちょっと見ない間…』にでこの花をタチツボスミレと書いたんだけど、
この間【Heart’s Ease/はぁつ いぃず】へ行ったとき『ブログを始めたよう』
なんて言ってこのブログを見せたら『これはタチツボスミレじゃないよ』と
先生が調べてくれて葉の形が若干違うような気がするけど
『ラショウモンカズラ』ではないかとの事でした。
DSC01087-1.jpg

どうもすいやせんでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。