上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春だ! 咲き誇れ!
IMGP0832.jpg IMGP0829.jpg
IMGP0828.jpg IMGP0818.jpg
IMGP0837.jpg IMGP0838.jpg
IMGP0840.jpg IMGP0841.jpg
IMGP0846.jpg IMGP0849.jpg
IMGP0856.jpg IMGP0861.jpg
IMGP0863.jpg IMGP0864.jpg
スポンサーサイト
家の淡墨桜が今年も咲きました。
ここへ越してから丸3年。
毎年小振りな可愛らしい花を咲かせてくれています。
IMGP0800.jpg IMGP0795.jpg
IMGP0797.jpg

ただ、一部幹から枯れっぽいようで、今年は半分ほどです。
やはり根元の方を蟻にやられたせいだろう。
IMGP0808.jpg IMGP0805.jpg

2015.04.25 花桃の里
今日はかみさんが久しぶりの休日。
とは言え、仕事の下見をするということで、
運転手でお供してデートがてら駒ヶ根方面へ・・・

最初に市内から回る予定だったようだが、
ちょっとコースを変更。
この間テレビで取材されていた中沢の「すみよしや」さんの
花桃を見に行って見ました。
   CA3I0090.jpg

             CA3I0105.jpg
CA3I0113.jpg CA3I0115.jpg
丹精かけて育てられているようで、とても綺麗で本当に良いもの見せてもらいました。
かみさんにも感謝(言ってないけど・・・)





うちのババ猫が1時間ほど前に死んだ・・・。
うちの猫飼いの始まりの猫だった・・・。

2001年の多分6月の終わりか、7月の初めの頃だったと思う。
前に住んでいた家の隣田んぼの方から
『みゃ~。みゃ~・・・』と子猫の鳴き声がしていた。

それまでも家に来る外猫には餌をあげたり、
小さな小屋を造っていたので庭に住み着いている猫は居た・・・。

泥まみれの猫を家の風呂で洗って、
『うちに入れちまったししょうがねぇ飼うか?』
なんて事をかみさんと話したと思う・・・。

それからうちの壮大な猫サーガが始まった・・・。

高貴で美しく気高い猫らしい猫だった・・・。
ままちゃん、おつかれさま・・・。

DSC01305.jpg

昨日も含め、ここ2週間は日曜日も休みが取れず
肘や手首の関節はぎしぎしと軋んで、
おまけに久しぶりに腰も痛めたようで
身体中ガタピシと音がするようだった。

先週の木曜日の夜には疲労もピークに達し
早々に布団にもぐりこんだ。

寝起きには『あいたたたっ』といいながら、
とても爽やかとは言えない朝を迎えていた。

昨日の朝、ホームセンターでトイレへ行き
出がけに入り口の大きな鏡を見ると、
そこには坊主頭のおでこのそりこみまで日焼けして、
むくんで腫れぼったい目をした
疲れたおっさんが立っていた。


ようやく昨日で仕事が一段落ついたので、
今朝はゆっくりと、
皆が出かけた後の台所で、
朝飯を済ませ人心地ついていると
外で『ケーーンっ!けーーんっ』キジの鳴き声がする。

台所の窓から庭を見ると・・・ほんの10mほど先の梅ともみじの間の根元にキジが居た。

まぁ、この辺りぢゃぁキジなどさして珍しくもないが、
庭先で同じ場所に小1時間居るのは自分としては初めてだった。
GetAttachment.jpg
食べ終わった食器を洗いつつ携帯で撮影していると
しばらくして隣の田んぼの方へ行ってしまった。


何やかやだらだらと朝の支度をしていると、また鳴き声がする。

今度はもう少し鮮明に撮ろうとデジカメを持って
勝手口のドアをそっと開けて撮影した。
IMGP3675.jpg

     IMGP3677.jpg
              IMGP3678.jpg
     IMGP3680.jpg
よく見りゃメスも居た。
IMGP3682.jpg
      
          IMGP3683.jpg

                    IMGP3686.jpg
先ほども書いたように、
この辺り(伊那市周辺)ぢゃ、
キツネもハクビシンもタヌキもキジも猿も・・・・
さほど珍しくはない。

とは言え家の庭先で野生のものが、
あちこちあまり動き回らず
小1時間も居られるこの場所は・・・なんか好い。

薄墨桜(ウィキペディアより引用)
淡墨桜(うすずみざくら)とは、岐阜県本巣市(旧・本巣郡根尾村)の淡墨公園にある樹齢1500年以上のエドヒガンザクラの古木である。
淡墨桜は蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になり、淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色にちなむ。樹高16.3m、幹囲目通り9.91m、枝張りは東西26.90m、南北20.20m。樹齢は1500余年と推定され、継体天皇お手植えという伝承がある。
近年では幹の老化が著しく、幹内部にできた空洞も広がりつつあるが、樹木医や地元の人々の手厚い看護によって守られている。作家の宇野千代がその保護を訴えて、活動したこともよく知られる。苗木を分けて、岐阜県や愛知県内あちこちに子孫が植えられている。
日本五大桜または三大巨桜の1つであり、1922年(大正11年)10月12日には国の天然記念物に指定された。毎年の開花の季節には多くの観光客が訪れる。

800px-淡墨桜(cherry-Usuzumizakura)



昨年引越したおいちゃん(嫁の叔父さん)の家の入り口の田んぼの畦(あぜ)には
おいちゃんが生前、薄墨桜を見に行った時、苗を買ってきて植えた一本の桜の樹がありました。


ずっとずっと花が咲かなかったようで昨年、引越してから

『どうせ花も咲かないし、切るか他の場所へ移してしまえば・・・』

なんて言われた事もあり、
なんだか釈然としない悔しい想いに駆られ調べると
種から栽培した苗(実生苗)は六、七年経たないと花は付けないようでした。


でも去年の今頃、四つ、五つの花が咲いているのをおれは見てました。


そして、七年経った今年の春・・・
           枝一杯に沢山の花が咲きました。

CA3I1270.jpg
                
                           CA3I1276.jpg            

                                           CA3I1268.jpg
夏ーーーーぅ!!!!
CA3I1001.jpg
いきなりのアクセル全開の夏なのだ・・・。

とっても暑いのだ・・・。CA3I1003.jpg



昼休みはこんなのが好い・・・。
CA3I1012.jpg


これまた2週間ほど前の夕方、裏庭の方で何気に空を見上げたら・・・
こんな変な形の雲が浮いちょりますた

IMGP3342.jpg IMGP3331.jpgIMGP3333.jpg

IMGP3338.jpg



2013.06.03 あんたが大将

2週間ほど前にボイラー室付近で見かけたんだけど
先週末、竹林(つっても林ほどないけど)のあたりで日向ぼっこしちょりました。
この家の大将のようだす。
接写するのを忘れてたんで色がわかりにくいけど・・・。

CA3I0988.jpg
約1.5m程でした。
                        IMGP2603.jpg
IMGP2605.jpg
我が家の畑のアジサイ紫陽花)、今年もしっかり花をつけ今が身頃だ。
この数週間ほったらかしで周りは草ぼーぼー、隣のスモモの剪定も去年からしていないのでぼーぼー
その少し隣のヤマボウシも花が終わってから・・・なんて思ってたけど・・・ぼーぼー・・・だ
つうか、このところ日曜日は雨で(昨日はいい天気だったけど・・・たはは)
休みの日にまで合羽着たくねぇ~、とほったらかし・・・だ

IMGP2611.jpg
                  IMGP2615.jpg
そんなほったらかしの植物たちは、人の思惑など、どこ吹く風で
時期がくればきちんと花を付け次世代へ種を紡いでいく・・・

今年もそんな植物たちの紡いだ糸の美しさに癒されるわけです・・・。









2012.05.06 満開

先日からふと気がつくと我が家の庭のウワミズザクラ上溝桜)が満開。
下の記事の画像の正面に写っている樹です。

                 IMGP2544.jpg
      夕べから先ほどまで降っていた雨で、今は少し色あせてしまいました。
      IMGP2550.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。